キスのときに口臭が気になるならやっておきたい4つの対策

キスのときの口臭がどうしても気になるならやっておきたい4つの対策をご紹介します。
MENU

キスのときに口臭が気になるならやっておきたい対策

 

キスのときは相手に対して、口の距離が最も縮まる瞬間です!

 

恋人同士にしろ、夫婦同士にしても
とっても素敵なときのはずなんだと思いますが、
どうしてもこのときに口臭が気になってしまうのは私だけ
でしょうか?

 

 

大事な相手とするキスだからこそ、
やっぱり相手に臭いと思われていないかと
いうことが頭から離れません。

 

そのため、私の場合は色々と調べた末にいくつかの
対策をキスをするとわかっている前には
必ずするように心掛けています。

 

 

相手へ対する最低限のマナーだと個人的には
思っているので、同じようなお考えの方は
ぜひ参考にして頂ければと思います!

 

 

キスをする前には水分補給をこまめに!

口臭の原因の多くは口腔内の乾燥にあると言われています。

 

緊張等で唾液の分泌量が減ってしまうので口腔内が
乾燥してしまうのです。

 

そうすると雑菌が口腔内で増えやすくなり
結果として揮発性硫黄化合物と呼ばれる
口臭成分が作られるのです。

 

 

そのため、こまめな水分補給を
キスの前にしておくことで、この
乾燥による気になる口臭を軽減することができます。

 

 

さらに、このとき飲むものについても
できるだけ酸味の強いものは避けることが大切です。

 

酸味が強い、つまりpHが低い飲み物ほど
口臭がきつくなってしまいます。

 

ですので水やお茶のように中性くらいの
ものを飲んでおけば間違いは少ないです。

 

 

また、緑茶のように含まれるカテキンのような
成分に殺菌や消臭効果のある飲み物を
チョイスするのも効果的です。

 

 

キスのときは臭う食べ物を避ける!

代表的な臭う食べ物といえばにんにく系の料理や
発酵食品系のものです。

 

そういった食べ物はどうしても口腔内や
胃の中にも臭いが残りやすいため、
キスのときの口臭につながりかねません。

 

私もにんにく料理はおいしいし好きなのですが、
キスをするとわかっているのであれば
マナーとしてそういった食事は避けるように
するべきだと思っています。

 

 

糖分の多い食べ物、飲み物も避ける

糖分の多いものを口にするとやはり心配なのは
口腔内の雑菌が過剰に増えやすいこと。

 

やはり、細菌たちにとって糖分は美味しい
餌となってしまい、グワっと急激に
菌が増えても不思議ではありません。

 

歯磨き等でできればいいのかもしれませんが
口にしてしまうと口腔内に多少は残って
雑菌臭を発生させかねないのです。

 

 

そのため、できることならキスの前には
糖質過多のものを口にしないように
するべきです。

 

 

コーヒーも極力避ける

コーヒーなんて一般的な飲み物なので避けるのは
難しい場合もあるかもしれませんが、
極力避けることをおすすめしたいです。

 

なぜならコーヒーに含まれるカフェインに
利尿作用、つまり脱水を引き起こすはたらきがあるため、
それが唾液の分泌量減につながります。

 

そうなると口腔内の雑菌がここでも
増えて、気になる口臭の原因となります。

 

そのため、キスの時はできうることなら
あまりコーヒーを飲みすぎないこと
を心がけたいです。

 

 

 

以上4点ですが、ちょっとした
心がけからできるキス時の口臭を避ける
対策になります!

 

是非、ご参考くださいね♪

更新履歴
このページの先頭へ